ニュースリリース ニュースリリース
電子チラシサービス「Shufoo!」、新型コロナの影響で2/29閲覧数急増

2020年03月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーやドラッグストアなどの情報収集ニーズ高まる

凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼 ※1)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※2)は、新型コロナウイルス関連の政府からの発表や報道と連動し、2月中旬頃より閲覧数が増加しました。特に、2月27日に発表された休校要請を受け、最初に迎えた週末の2月29日の閲覧数は、スーパー、ドラッグストア、ホームセンターの3カテゴリで急増しました。買い物に行く前に情報収集をしたいというニーズが急激に高まったと見られます。

【スーパー、ドラッグストア、ホームセンターの閲覧数】
(2020年1月12日~3月15日/※国内初の感染が確認された1月16日における閲覧数を100とした場合の推移を2019年と比較)

2月20日(木)から急上昇トレンド

新型コロナウイルスの報道が加速したのは、株式会社トドオナダの分析によると1月23日以降とあり(※3)、同時に感染予防の意識が高まり、各地でマスクや除菌製品などが品薄になり始めました。Shufoo!で最初に傾向が表れたのは、翌週明けの27日(月)。ドラッグストアの閲覧数が急増しました。さらに、その週末である2月1日(土)、11日(火・祝)にはスーパーとドラッグストア、ホームセンターの3カテゴリで急増しました。その後、16日(日)に開催された専門家会議での「不要不急な集まりの自粛を検討する必要がある」という発言を受けSNS上で「不要不急な外出を避けて」といったワードが急上昇し、並行して国内での感染が広がり国民の不安が募っていく中、20日(木)より急激な上昇トレンドがスタートしました。

ピークが訪れたのは29日(土)。前々日である27日(木)、安倍総理より3月2日(月)から全国の小中高校にて臨時休校をするよう要請がありました。その後文科省から学校へ通知が行き、28日(金)中に学校側から休校の案内がされました。同日夜に閲覧数は最初のピークの迎え、さらに翌29日(土)に急騰しました。2019年のトレンドと比較すると、スーパーが1.5倍、ドラッグストアが2倍、ホームセンターは1.2倍の伸長となりました。 その後も閲覧数は大きく前年を上回っています。

ピーク時、ドラッグストアは朝の閲覧数が高い

【2月28日(金)~3月1日(日)のドラッグストアの閲覧数】
(※2/28 0:00における閲覧数を100とした場合の推移)

2月28日(金)夜から3月1日(土)の朝にかけて閲覧数の推移を見ると、ドラッグストアは朝に見られる傾向が強く出ており、開店前に閲覧するユーザーが多いことが分かりました。(Shufoo!では、アプリ会員に向けて朝8時と夜8時に新着情報を伝えるプッシュ通知を配信しています)

Shufoo!としての見解(ONE COMPATH Shufoo!事業推進責任者 森谷尚平のコメント)

マスクや除菌製品の品薄をきっかけに、緊張感の高まりと連動するようにチラシ閲覧需要が増加した。その後発生した買い占めによるトイレットペーパーの品薄も追い打ちをかける要因となっているが、3月2日からの休校要請に伴い、食料品を含めた買い物需要が増加したこと、また、不要な外出を極力控えたいという不安から事前の情報取得ニーズが急激に高まったものと考える。 Shufoo!では、こういった生活者の不安を少しでも解消し、店舗からの情報発信を支援すべく、期間限定で店舗向けに情報発信機能の無料提供を開始している。微力ながら、生活者・流通店舗双方の支援をさせていただくと共に、一刻も早い事態の収束を願いたい。

(参考)Shufoo!有料機能の一部「タイムライン」無料提供について

新型コロナウイルス対策による営業時間の変更や商品入荷状況、生活者支援の取り組みなど、状況に応じた様々な情報へのニーズが高まっている事態を受け、Shufoo!では有料機能の一つであり店舗単位の情報発信が可能な「タイムライン」を、3月から4月末まで無料提供しています。

・詳細(ニュースリリース)https://onecompath.com/news/release/5248/


※1「株式会社ONE COMPATH」について
地図検索サービス「Mapion」、電子チラシサービス「Shufoo!」などデジタルメディアの運営を中心に事業展開する凸版印刷株式会社のグループ会社。2019年4月1日、株式会社マピオンから社名変更し、それまで凸版印刷が運営していた「Shufoo!」等の事業を承継しました。「Mapion」「Shufoo!」のほか、ウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」、位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」、コミュニケーションアプリ「ふたりの」等を運営しています。 URL https://onecompath.com/

※2「Shufoo!」について
凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20~40代の女性を中心に利用されている国内最大の電子チラシサービス。2019年4月1日、株式会社ONE COMPATHへ事業が継承されました。大手流通各社、地域主力スーパーなど約4,200法人、約110,000店舗が参加。PV数は月間4億PV、ユニークユーザー数は月間1,100万(2020年1月現在)となっています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者はスマートフォンやタブレット端末、PCなど様々なデバイスから日本全国のチラシをはじめとするお買い物情報を閲覧することができます。
URL:
・PC、スマートフォンサイト http://www.shufoo.net
・iPhoneアプリ http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230
・iPadアプリ http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706
・Androidアプリ https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android

※3株式会社トドオナダの発表資料より https://www.dreamnews.jp/press/0000210678/

  • *本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
  • *ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

あなたに合った集客方法をご提案します

ページトップへ