ニュース ニュースリリース
凸版印刷、ONE COMPATH、unerryの3社が、 リテール企業向けデジタルマーケティングで協業開始

2021年08月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

流通やメーカーなどに向け、クッキーレス時代の「リテールメディア」構築・運用を支援

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼、以下 ONE COMPATH)、また株式会社unerry(ウネリー、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 内山 英俊、以下unerry)は、流通やメーカーなどのリテール企業向けデジタルマーケティングの分野で2021年9月1日から協業を開始します。

協業の背景

コロナ禍により消費者の購買意思決定の多様化が進み、流通やメーカーなどのリテール企業では消費者一人ひとりに対するより適切なコミュニケーションが求められ、デジタルマーケティングの重要性が高まっています。特に店舗のメディア化(商圏変化や消費者の来店・来棚などを把握する人流データや購買データにもとづいた消費者理解と接点の創造、店頭体験化、収益化)のニーズがこれまで以上に高くなってきています。

また、大手プラットフォーム企業によるサードパーティークッキー(3rd Party Cookie)規制等によりクッキーレス時代に突入し、これまでのようなサードパーティークッキーを活用したターゲティング販促広告や効果計測施策は困難になりつつあります。リテール企業自身が持つファーストパーティーデータを有効活用し、支援する新たな枠組みへのニーズが高まっていることから、今回、リテール企業向けに様々なサービスを提供している3社が連携を開始。昨今急激にニーズが増加している「リテールメディア」構築・運用をより効果的に提供していきます。

3社連携により実現する、クッキーレス時代の「リテールメディア」

このたび3社が連携することにより、凸版印刷が持つ豊富なデジタルマーケティング支援ノウハウを活かしたメディアの設計から運用までのサービス提供と、ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!®(シュフー)」の1600万人のユニークユーザー、そして月間100億件以上の人流・購買データが蓄積されているunerryのリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®」※2を活用した、クッキーレスでの行動ターゲティングADや来店効果・来棚効果の計測などを融合。これにより、昨今急激に増加しているリテール企業の自社メディアや顧客データを活用して広告配信を行う「リテールメディア」の構築・運用を、ワンストップでより効果的に提供することが可能になります。

※2 「Beacon Bank®」について
unerryの運営するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®」には、月間100億件以上の位置情報ビッグデータや購買データが蓄積されており、各流通店舗の商圏や集客力・客層の変化、どんな業態の店舗にどのような頻度で消費者が訪れているかなどが解析できます。また、「Beacon Bank AD」では、クッキーレスで、解析データを独自のプッシュ広告ネットワークやSNSと連携して販促広告を配信し、来店効果や来棚効果を計測することができます。

今後の展開

凸版印刷、ONE COMPATH、unerryの3社は、流通企業とメーカー両者の効率的、効果的な販促活動を推進するだけではなく、消費者一人ひとりへの最適なコミュニケーションを実現することで消費者自身が満足できる「リテールメディア」の構築・運営支援を皮切りに、リテール企業のDX推進をサポートする様々なサービスを共同で提供していきます。

あなたに合った集客方法をご提案します

ページトップへ
登録無料

法人向けShufoo!メルマガ

小売向け販促・マーケティングに使える情報盛りだくさん!